仮想通貨

心構えは宜しいか?これから仮想通貨を手に入れる!

ついこの前まで「仮想通貨って、怪しい~」って思っていた、けんちゃなよです。 良く分からないものや、危険なものには、近づかないワタクシですが、ちょっとお勉強をし、知ったかになりましたので、今回は、実際に仮想通貨を手に入れる方法を調べてみました。

 

僕の心構え

やはり曖昧な気持ちをはっきりさせたい!本音と僕と仮想通貨でお話しましたように、現在の仮想通貨は実用的ではなく、まだ不安定なものである思います。 ですので今の気持ちは「時代の流れに乗りたい」「何となくカッコいい」「味見したい」「話題のネタにもなるし」「ちょっとおこずかいになるかも」であり、心が構ってません。 けせら・せら、かなりミーハーですね。

 

「P2P」「ブロックチェーン」は、仮想通貨にとって、信頼できる画期的な技術ですので、本当に使える仮想通貨が出てくるまで「遊んでみよう」が僕の目的になっています。

 

手に入れる方法

大きく分けて3つあります。手に入れやすい順に

  1. 取引所で買う
  2. 貰う「送金してもらう」
  3. マイニング「採掘」
取引所で買う

取引所では、仮想通貨を「買いたい人」「売りたいという人」をマッチングさせる仲介サービスをおこなっており、両者の取引が成立したら手数料を支払います。

基本的に、この取引所のサービスを使って購入するのが一般的です。

貰う「送金してもらう」

すでに仮想通貨を持っている友人などから、自分の「ウォレット」お財布に送金してもらう方法です。 無料配布キャンペーンなど、企業や運営先が、小額を配ったりすることもあるようです。

マイニング「採掘」

ブロックチェーンを正常に機能させるためのシステムです。マイナーさんは自分のコンピュータにて計算し、取引データの整合性を保つ作業を行います。その報酬として「新たに発行」したコインを受け取ることができます。

この一連の流れは、リアル鉱山にて採掘道具を用意し、金・銀を掘り出し流通させる様子に似ていることからマイニング「採掘」と名付けられました。

僕にはまだ、このマイニングは技術的に難しそうなので、時間的に余裕がある時に、チャレンジしようと思います。

 

国内の大手取引所

取引所について調べてみました、国内の大手「メジャー」2社になります。最近はテレビCMで社名が流れたりしていますので、知っている会社もあるかもしれません。

2018年6月22日現在、bitFlyer「ビットフライヤー」さんは、新規顧客の受け入れを停止していますので、注意して下さい。

  1. bitFlyer「ビットフライヤー」 https://bitflyer.jp/
  2. Zaif「ザイフ」 https://zaif.jp/

他にも後発会社や特徴のある取引所が、ぞくぞくと出てきているようです。

 

「手数料が安い」「サーバーが落ちやすい」「マニアックな種類のCoinの取り扱い」「スマホのアプリ」があったりと、サービスもさまざまですので、特徴を調べてみて、自分に合った取引所を選ぶのが良いと思います。

 

 

今回、僕は「初心者でも取引がし易そうな」 bitFlyer「ビットフライヤー」さん1社に絞り、手続きをしていくことにしました。

なんだか楽しくなってきましたね^^

では次回ビットコインは bitFlyer 「世界は回る」口座開設編へ つづく

 

関連記事