仮想通貨

「草コイン」ってなんですか? 良く分からないので勉強してみた

ほんのごく僅かですが、仮想通貨で遊び始めてから、取り扱いにもだんだん慣れてきました。 そして、なぜか「ビットコイン」「モナコイン」と、他の種類も気になってます、けんちゃなよです。

 

今回は良く耳にします「草コイン」について、全く分かりませんので、調べてみたいと思います。お付き合いの程、宜しくお願いします。

 

仮想通貨の4分類

僕の取引所のbitFlyerさんでは

  1. ビットコイン
  2. イーサ
  3. イーサクラシック
  4. ライトコイン
  5. ビットコインCash
  6. モナコイン

と6種類の取引コインがあります。

さらに世界中では1000種類以上コインがあると言われており、あまりに数が多すぎるため、頭の良い人が仮想通貨を種類毎、4つに分類してくれたようです。人によって定義や使われ方が、違ってくるようですが、大まかにまとめたいと思います。

 

ビットコイン

まさに仮想通貨の王様、ビットコインです。世界で一番初めに誕生し、今の所、時価総額が一番大きく、特別な存在となっています。他のコインの開発・比較の参考とされています。

 

アルトコイン

ビットコインではないコインを、アルト(オルト)コインと呼んでいるようです。ただし、ビットコインにはない機能や拡張因子をそなえていること、課題の解決に努力姿勢があり、新しい技術を備えていること、コミュニティーの充実、定期アップデートなどの開発体制がしっかりしているなど、存在意義がありそうなコインを指しているようです。

 

草コイン

ビットコインや、すでにあるコインと似ている技術のコインです。つまり何らかの進歩や目標、課題解決をめざしていなく、儲けの為に作られた意図が、見え隠れするコインで、当時は「shitコイン」(糞コイン)と呼ばれていたようです。名前の評判が悪かったので「草コイン」となりました。

 

また、アルトコインと草コインの境界は曖昧なもので、たとえば、時価総額が低いコインを草コインとしたり、なんだか水をやると将来育つ感じのものを、草コインとして解釈する人もいるようです。

 

詐欺コイン

まさしく詐欺コインです。今では、コピー&ペーストしたコインなら開発しなくても、簡単に作ることが出来るみたいでお金を搾取することを目的として作られた仮想通貨です。特徴は、ビジネスモデルの先が見えなく、買い煽りグループなどが存在し、しばしば相場操縦の対象になってたりします。

未公開コインの販売とか、ただのポイントを仮想通貨と偽ったり、売り買いがまともにできなかった等々、仮想通貨関連の詐欺について、金融庁も注意を呼びかけています

 

 

 

まとめとしまして、けんちゃなよは、ちょっと、この「草コイン」に注意してみたいと思います。もしかしたら一攫千金できるかもしれない、ちょっと危険な香りがし、ギャンブルや投機というハードボイルドにも引かれています。 「仮想通貨界のドン」「ジャンボ宝くじ」「Dead or Alive」にて、何かワクワクするんですね。

 

世界中で1000種類以上もの仮想通貨がありますので、詐欺コインもしかり、もしかしたら世界を席巻する本当の仮想通貨も、土からニョキニョキ出てくるかもしれませんね。

 

関連記事