便利なツールや気づき

コーヒーは体に良いの?悪いの?普通なの?

朝起きて一番に「アメリカン・コーヒー」を入れます。なぜか、けんちゃなよは、コーヒーを飲むと、う○こをしたくなります^^ そして出社後に「ブラック・コーヒー」を1缶買います。 朝の生活スタイルですが、必ず2杯以上はコーヒーを飲んでいます。

ふと気になったのですが、朝は「紅茶」とか「緑茶」とかじゃないんだよなぁー・・・このままコーヒーを飲み続けて良いのか?悪いのか?調べてみました。

 

悪いとされる意見

コーヒーの代表的な成分の「カフェイン」

このカフェインが悪いとされる意見があります。 朝、コーヒーを飲むとシャキッとした気分になりますが、カフェインには脳を「興奮」「覚醒」させる作用があるようです。

 

そして取り過ぎると血中濃度が急激に跳ね上がり「不眠」や「吐き気」「震え」「心拍数の増加」などを招くことがあるようです。精神面でも落ち着きがなくなったり、焦燥感を抱くようになるなどの影響があるとされています。

 

またカフェインを取り過ぎると「低カリウム血症」になる原因の一つともされ「不整脈」「筋肉の細胞が壊れる」現象などが起きるようです。

 

また「利尿作用」があるため、カルシウム不足の人が過剰摂取すると、カルシウムが多く体外に排出され「骨粗しょう症」などが心配されます。

 

肝機能が弱い人は「高血圧」になるリスクも上昇し、空っ腹では「胃酸過多」の原因にもなるようです。

 

お酒「アルコール」に強い人と弱い人がいるように「カフェイン」にも強い人と弱い人がいるようですが、1日当たりの摂取許容量の基準はないようで、今も情報収集している段階のようです。

 

ということで、植物が昆虫に食べられないように自らの身を守るため、作られた物質がカフェインで、この「カフェイン」が悪いとされる意見が大半です。

良いとされる意見

先ほどの説明と真逆になりますが、中枢神経系を刺激して「眠気を抑え」たり「集中力を高め」たりする効果があります。

 

心拍数もあがり、血管を広げて「血液の流れ」をよくする働きがあります。腎臓の働きがよくなって「尿が出やすく」なります。 けんちゃなよは、う○こが出やすくなります。

 

食後の満腹時にコーヒーを飲めば、カフェインが消化を助けて「胃を軽くする」効果があるようです。 「パーキンソン病」の発症率が低いとの疫学調査もありますし「肝がん」を減らすのは、ほぼ確実とみられているようです。「糖尿病」を防ぐ効果もあるようです。

 

先ほどは悪者でしたが、今回の「カフェイン」って良いことづくしですね!

【けんちゃなよ関連記事】

あわせて読みたい
コーヒー専用ボトル表紙
おこずかいの節約も!コーヒー専用の水筒「カフア」って知ってる?写真は㈱シービージャパンさんのQahwa(カフア)公式ページより 今まで水筒にコーヒーを入れてはダメだと思っていました。 なぜなら...

 

僕の結論

コーヒーが良い、悪いではなく「カフェイン」が、どうのこうのと言うことですね。玉露は倍以上「カフェイン」が含まれていますし、紅茶やコーラ、エナジードリンク、チョコレートにも入っていますしね。

 

カフェインの取り過ぎはダメで、世界保健機関(WHO)は健康な成人で「コーヒーで3~4杯」を目安としているようです。 普通の人ならコーヒー4杯以上は、お腹がゴボゴボになってしまいますね。

 

ということで「コーヒー」は、好きな人にとっては良い、飲みすぎは悪い、体に合わない人は飲まない方が良いですし、詰まる所、適度に、普通に飲むのが一番良いと思いました。

 

関連記事