ブログ始めたよ

ツイッター初心者の「知ったかぶりした便利な機能」

ツイッター超初心者の「知らないと、ちょっと恥ずかしい用語集」を受け、ワンアップしたつもりの、けんちゃなよです。

そして、このブログのプロフィールの所に、Twitter「フォローアイコン」の設置ができました、パチパチ! ぜひフォローの程、宜しくお願いします。

 

さて早速ですが「ツイート」「フォロー」「フォロワー」「タイムライン」「リプライ」「リツイート」「いいね」の用語が分かりました。では今回は、更に便利な機能を知ったか紹介したいと思います。

 

「公式マーク」

僕は初め、ドナルド・トランプさんの「フォロー」をしようと、アカウントを探したのですが、似ている名前の方や、偽物さんっぽい人がいて、どれが本物のドナルド・トランプさんか分かりませんでした。その際に、利用すると便利なのがこの「公式マーク」です。

 

●アカウント名の隣に付いている「青いバッジ」になります。

みんなが見つけやすいように、音楽、ファッション、政府、政治、ジャーナリズム、メディア、スポーツ、ビジネスなど、有名人は公式マークを受け取っているようです。

 

一般の方からの認証のリクエストは受け付けていなく、メディア露出の高い有名人のみツイッター会社側から連絡がくるみたいです。

 

「ハッシュタグ」

「ハッシュタグ」とは「タグ付け」された「キーワード」のことです。ツイート内容がどのようなものか、すぐにわかるようになっています。

使い方は「キーワード」の前に「#(半角シャープ)」を入れ、前後に「スペース」をあけると自動で認識されます。 記入例は「#備忘録 #けんちゃなよ #かっこいい」です。

 

この機能を使うと、共通の話題で、盛り上がりやすくなります。検索する際に見つけてもらいやすいです。人気キーワード、トレンドがすぐ分かるようになります。

 

「ブロック」「ミュート」

「ブロック」「ミュート」は、両方ともタイムラインに表示させない仕組みです。どうしてもその人のツイートがイヤという場合、その人との係り合いを絶つことができる機能です。

 

フォロワーを「ブロック」すると自動的にフォローが外されるため、相手にそのことが感覚的に伝わります。また、ブロックされた人は、リツイートやいいねができませんので、たとえフォローされていなくても相手に伝わることもあります。

 

「ミュート」はフォローを外さず、リツイートやいいねを禁止しませんので、相手に伝わることはありません。ブロックよりは、その人に対して、やんわりとしたものです。一応相互フォローの関係にあるけど、実はあまり好きじゃないという場合は、ミュート機能を活用するといいでしょう。

 

「巻き込みリプライ」

「巻き込みリプライ」とは、たぶん^^;ですが、AさんとBさんの2名の会話(@ユーザー名のツイート)に、第三者のCさんがリプライすることで、以降、AさんとBさんとCさんとの複数名で会話が始まる状況を、作り出す機能だと理解しました。

 

基本的には、会話の途中に第三者が入り込むと、ずっとAさん、Bさんにリプライが届き続けることになるため、あまり歓迎されない行為のようです。

 

例えば、元のツイートに含まれるAさんは、Bさんとお話しをしていたが、巻き込みリプライにより、Cさんとも会話が始まりました。その後Aさんは会話の興味がなくなり、BさんとCさんとがメインの会話になってきたにも関わらず、内容がずっとAさんに送り続けられ迷惑する感じみたいです。

 

仲の良いリアルフレンドと活用すると楽しくなりそうですね。

 

以上、ツイッターを利用する上で、便利な機能を紹介しました。

次回も、新米ツイッターの「知ったかぶりした便利な機能」PART2 をお届けします。to be continued

関連記事