ブログ始めたよ

新米ツイッターの「知ったかぶりした便利な機能」 PART2

新米ツイッターのけんちゃなよです。プロフィールの所に、Twitter「フォローアイコン」ができましたぁー。パチパチ! 遠慮なくフォローの程、宜しくお願いします。

 

では、おさらいしますと

ツイッター超初心者の「知らないと、ちょっと恥ずかしい用語集」で、「ツイート」「フォロー」「タイムライン」「リプライ」「リツイート」「いいね」の用語について調べてみました。

ツイッター初心者の「知ったかぶりした便利な機能」では、「公式マーク」「ハッシュタグ」「ブロック」「ミュート」「巻き込みリプライ」の機能をご紹介しました。

 

そして今回も「便利な機能」PART2 をやりたいと思います。

 

「リスト」

気に入った人を沢山フォローしていると、ツイートが次々と流れ始め、にぎやかになります。 しかし、にぎやか過ぎると、誰が何をつぶやいているのか把握しづらくなりますね。そんな時は「リスト」を作ると便利です。

●「リスト」とは、特にお気に入りな人だけをタイムラインに表示させる機能です

 

1. 画面の「リスト」→「リストを作成する」を押します

2. リストに追加したい人のプロフィールへ行き「リストへ追加または削除」を選びます

3. 簡単にリストを作成できましたが、注意する所は、公開・非公開の設定です

 

どんな時「非公開」設定にすべきかですが、そのリストに入れてしまうことで、リストメンバーが誰なのか、どこに所属している人なのか、どこの人なのわかってしまうような時です。 例えば「リアルな知り合い」をメンバーにして「友達」「家族」などのリストを作った場合です。

 

「あぁ、この人とこの人はリアルの知り合いなのか」とわかってしまう時、つぶやきを確認していくことで共通する地域や会社名・学校名や話題などから、どこに住んでいるとか、何歳の人だとか、どこに勤めているだとか。

 

場合によっては誰なのか、誰と誰が家族だとかいうことまでわかってしまう可能性があります。他人の個人情報も漏らしてしまう可能性がありますので、そんな時は「非公開」設定にしましょう。

 

ちなみにリストを公開した場合は、リストに入れた人に通知が送られるようです。非公開の場合は相手に知られずにリストに入れることができるようです。公開されているリスト自体を、フォローすることも可能です。

 

「bot」

●bot(ボット)とは「ロボット」のことで「自動つぶやき」機能のことを指します。

あたかも人がリアルタイムにつぶやいているように見えますが、実はロボットが決まった言葉を決まった時間に、設定した内容でつぶやいています。

 

深夜や早朝など、フォロワーのツイート数が少ない時でも、にぎやかにつぶやいてくれます。 「タレントさんの名言集」「思わず笑ってしまうツイート集」「目的もよくわからないbot」「リアルに会話が出来てしまうbot」などなど色々ありますので、あなたのお気に入りのbotを検索してみて下さいね。

 

自分でもbotを作れるようなので、機会がありましたら、試してみてもいいかもです。

 

「退会」

●もしツイッターを止めたい時は、そのまま放置するよりか「アカウントの削除・退会」をした方が良いかと思います。

 

アカウントの削除・退会の前には「全ツイート履歴」をバックアップできるようです。また「30日以内」であれば、再ログインと再開ができるようです。

 

気を付けたいことは、たとえアカウントを削除・退会したとしても、発信後のツイートがインターネット上に残っている場合もあるとの事です。

 

ここまで「リスト」「bot」「退会」についての紹介でした、色々な機能がありますね。また、ぞくぞくと開発された新しいサービス機能も登場しているようです 次回はTwitterの「モーメント」や「スレッド」って分かるかな?です。 けんちゃなよは、どんどん追っかけて行こうと思っています。

 

 

関連記事