便利なツールや気づき

生活で、こころと身体が疲れた時に、元気になる為にしたこと・方法 Vol.2

こころと身体2表紙

画像は「歴史秘話ヒストリア」のNHK公式ページより

科学的な根拠はありませんが、前回より、こころと身体が弱ってしまった時に、元気を出すために、けんちゃなよが、実際にやってみたことを紹介しています。

今回も、気分が晴れた方法の1つを紹介します。どうぞゆっくりしていって下さい。

あわせて読みたい
心と身体①表紙
生活で心と身体が疲れた時に、元気になる為にしたこと・方法 Vol.1画像は「しくじり先生 俺みたいになるな!」の公式ページより みなさん、最近良いことがありましたか? ストレスや悩み事は、ありません...

歴史上の偉人、特に敗軍の将を学ぶ

心と身体が弱っているせいなのか(笑)成功者のサクセスストーリーよりも、失敗した、苦難に遭遇した将軍の物語に親しみを感じてしまいます。 けんちゃなよも、こころと身体が弱っていた時期があったからこそ、このブログをスタートするきっかけができたように思います。 穴に落ち、這い上がることも、案外必要なのかもしてませんね。

けんちゃなよ
けんちゃなよ
殿軍(しんがり)の兵、巻き返しを語る

成功は、偶然の産物であることが多いですが、失敗は、同じことを繰り返せば、高確率で失敗していまいます。そこで、今一度、自分を自分で確認してみるといいでしょう。

 

「慢心」おごり高ぶっていないか? 実力以上のことをしていないか?

「思い込み」はないか? 相手は、当然そう考えていると思っていた。いくらまでなら、いつまでなら、これくらいなら、簡単でしょ? と思い込んでいないか?

「情報不足」ではないか? 適格な信用できる情報は大切です。 これから進む道は? 相手の戦力?などは知っていますか?

自分に言っているようですが、沢山挑戦し失敗し、失敗することから学びましましょう。頭の中で、失敗の意味付けをし、自分で自分を励ましましょう。

さて、そこで歴史上の人物「特に敗軍の将は」沢山の経験値をもっていることに気が付きました。 立派な人もみんな、高確率でしくじっていますので、こっそり覗いて勉強します。 きっと、気分も多少すっきりするでしょう!

 

NHK歴史秘話ヒストリアが面白い

書籍で、歴史上の人物の心境や決断などを勉強しても良いのですが、NHK総合さんの「歴史秘話ヒストリア」という歴史情報番組が面白いです。

本放送は、水曜日の22:25~23:10(2018年4月から)の45分間で、面白く編集されており、その人物の一角をサラッと感じるに、ちょうどよいです。

歴史秘話ヒストリアの公式ページ と NHKオンデマンド(有料)見逃し特選の動画サービスをリンクしておきます。

レコード会社がYouTubeにアップしていましたのでリンクします、番組のオープニング曲で、Kalafina の「storia」(ストーリア)です。番組の映像と、音楽がピッタリです。

 

おススメのやっちまった将軍

では、けんちゃなよの独断で、おススメの歴史秘話ヒストリア「やっちまった将軍」神回を4つ、ランク付けで紹介します。

第4位 今川義元

タイトル 師匠、オレは戦国大名になる! ”やられ役”今川義元の真実
敗軍の将 今川義元先生
放送日 2015年5月27日 第219回
今川義元先生内容 歴史上、どうしても織田信長の格好の「やられ役」として、いつも描かれてしまう今川義元先生。

ダメ武将のイメージが濃厚である義元が、実は、最近の歴史研究の場において、先駆的な戦国大名で、有能な領国経営者として、高評価に変化しつつあります。

ポイント 義元は、師匠の太原雪斎の導きのもと、戦国史にのこる画期的な軍事制度や外交政策を打ち出します。

自分の居場所は、自分でつかみ取れ! 二人三脚の活躍が戦国の世に嵐を巻き起こし、大大名となった誕生秘話を学びましょう。

 

第3位 桂小五郎(木戸孝允)

タイトル ”逃げの小五郎”と呼ばれて 長州のヒーロー木戸孝允の青春
敗軍の将 桂小五郎(木戸孝允)先生
放送日 2015年9月2日 第228回
桂小五郎先生内容 新選組の池田屋事件で、早速、逃げた(笑)

ヤバいと思ったら一目散で逃げてしまう!なかなかの逃げっぷり、スパイ顔負けのテクで逃げまくる先生です。

卑怯者と呼ばれようが、いいんです(笑)臆病者と大バッシングを受け、自信をなくした先生ですが、これまた山奥に引きこもります。

ポイント 長州のヒーロー、薩長同盟、明治新政府のリーダーとして新生日本のために大活躍する人です。

彼の心の内側(葛藤)は大変勉強になるのではないでしょうか? けんちゃなよは、こうゆう人間臭いところ、嫌いではないですね。

 

第2位 太宰治

タイトル 絶望するなダザイ(太宰治)がいる 「人間失格」誕生秘話
敗軍の将 太宰治先生
放送日 2009年6月17日 第11回
太宰治先生内容 ダザイ先生の衝撃の空回り人生です。

「走れメロス」「人間失格」など名作の数々は今も絶大な人気があります。 が・・・実生活は、実家依存症と不満と勘当。繰り返す自殺未遂、仲間との友情と衝撃と脱力と・・・ 一番上手に生きたかった先生ですが、なんとも上手に生きられぬ罪。

見ていてちょっと疲れますが、心の中に、太宰タイフーンが吹き荒れることでしょう。

ポイント 出口の見えない、苦悩の中、作家としてのヒットに結び付いた、大逆転劇です。

成功のカギとは何か、人間の弱さと、隠れたダザイの強さを勉強しましょう。

 

第1位 小田氏治

タイトル 戦国最弱 小田氏治がゆく
敗軍の将 小田氏治先生
放送日 2018年6月13日 第314回
小田氏治先生内容 戦国最弱の武将が・・・まさか、歴史秘話ヒストリアに取り上げられるとは(笑)

小田先生は、連戦連敗のポンコツ・オブ・ポンコツの戦国大名、攻められて負けて、攻めても負ける。戦では20回以上負けているとのことです。

普通なら、どこかで討ち死にしそうですが、結局先生は、負け続けながら、戦国の世を生き延びてしまうのでした。

ポイント 家臣にも領民にも慕われ続け、自分を敗った相手の誰よりも長生きしました。人から愛される不思議な力を持っていたようです。

ここまで負け続けても、心が折れない「常陸の不死鳥」メンタルの強さを是非学ばせて頂きたいものです。

 

まとめ

歴史秘話ヒストリアは、上手に制作されていて見ていて飽きませんね。 決まった時間内でその人物の生きざまが見て取れます。 今回は、敗軍の将に的を絞りましたが、現在まで300回以上の放送がありますので、自分のお気に入りの回を探してみるのも、気分転換になるのでは、ないでしょうか。

もし、好きな人物が出てきましたら、書籍などで深く探っていくと良いですね。

関連記事