1円玉も迷わず拾お

【おこずかいの節約】コーヒー専用の水筒「カフア」って知ってる?「匂い」ナシを実感!

コーヒー専用ボトル表紙

写真は㈱シービージャパンさんのQahwa(カフア)公式ページより

今まで水筒にコーヒーを入れてはダメだと思っていました。 なぜなら匂いが付くし、味も落ちると思っていたからです。

 

しかし今回、コーヒー専用に作られたとされるボトル・タンブラー「Qahwa(カフア)」を見つけました。 デザインもイケているし、おこづかいの節約にもなるので、このマイボトルを持つことにしました。

コーヒー代をカットする

けんちゃなよは、出社した時に「缶コーヒーを1本」必ず買っています。しかし、もし水筒コーヒーで生活していくとなると、一体どの程度おこづかいが増えるのか?考えてみました。

 

缶コーヒー(内容量:275g)の場合

缶コーヒー1年間の費用は・・・130(円)×30(日)×12(ヶ月)=46,800(円)

 

水筒コーヒー(内容量:280g)の場合

AGFブレンディー(210g) 1,147円(送料400円込)で計算します。

水筒に入れるコーヒーの粉は、スプーン2杯(4g)にお湯(280ml)とします。

1日のコストは、4(g)÷210(g)×1,140(円)=21.7(円)ですので

水筒コーヒー1年間の費用は・・・21.7(円)×30(日)×12(ヶ月)=7,812(円)

 

缶コーヒーを止めて、水筒コーヒーにすると、1年でざっくり約40,000円の節約になりました。

 

専用ボトル・タンブラー「Qahwa(カフア)」

さて、このコーヒーを美味しく飲むためだけに作られたと言っていますが、いったい普通の水筒と何が違うのでしょうか?調べてみました。

 

1. 決定的に違うのは、世界初のボトル内部への「テフロン加工」でした。

テフロン説明図

このテフロンというフッ素樹脂加工を施すと

コーヒー、茶渋、塩分などの汚れや匂いが付きにくく、落ちやすくて衛生的。飲み物の匂い移りなどがしにくく、コーヒー本来の味と香りをお楽しみ頂けます。

 

2. 飲み口が大きく、香りを楽しめる

カフア説明

 

口径約53mmの飲み口は、コーヒーの香りを楽しめるように大きめ設計。コーヒーカップで飲む時のような豊かな香りをお楽しみ頂けます。氷も入れやすいので、アイスコーヒーにも便利とのことです。

あわせて読みたい
ホットサンド表紙
ホットサンドメーカーで、作って食べた、おすすめの具。レシピもランキングで紹介!https://youtu.be/MiKc4E9FkDc ビタントニオ / 公式イメージビデオ(1:33) ホットサンドメーカーがあ...

 

使ってみての感想

良かったこと

上記紹介のボトルは420mlのトールサイズものですが、僕は200mlのミニサイズを購入しました。 手のひら大の、飲みきりタイプになります。

カフア写真

ちょうど、缶コーヒーと同じ位の大きさ(5.7×14cm)ですので、ズボンのポケットに入れて持ち運ぶことができます。

 

そしてやはり、毎日130円つづ貯まって行きますので、お財布事情が良くなります。また、缶コーヒーですと、飲んでいるうちに冷めてしまったり、アイスコーヒーは温くなってしまいますが、これは保温・保冷効果があって快適です。

カフア写真

ミニの口径は47mmで、氷も入れやすいです。飲み口のパッキンは外れますので、しっかり洗えるし、高さは14cmですので、奥までスポンジが届き衛生的です。

カフアパッキン外し写真

そして、そして、いつまでもコーヒーが美味しい!( *´艸`)

デメリットは・・・?

  • 朝の水筒の準備にひと手間かかります。
  • 缶ジュースの様に飲んだ後、ゴミ箱にポイッってできませんので、荷物が増えます
  • この水筒が洗い物の1つとして増えます。

 

あわせて読みたい
【おこずかい】お金がなくてもお酒を飲むために!ふるさと納税のオススメ。不運にも(T-T)「パパ」のおこづかいが減ってしまい、晩酌の「ビール」を思うように「ママ」におねだりし難くなってしまったら、どうすればい...

サラリーマンさんなど、ある程度収入がある方は「ふるさと納税」で「おこずかい」節約した方が、金額的には断然お得! 缶コーヒーの定期便なんてのもありました★

 

こんな人におすすめ

毎日コーヒーを飲む人や、好きでこだわりがある人であれば、一家に一台この水筒があっても良いのではと思います。

コーヒーは健康にも良いという意見もあるようですしね。 自分の好きなコーヒーと一緒に外出、いつもでも美味しく頂けるのは、ささやかな幸せではないでしょうか。 是非お試しを!

関連記事