子供と遊ぶ

【ジグソーパズル】5つの力を付ける知育の遊び! ポケモンの300ピースを一緒にやってみた

ジグソーパズル表紙

室内の遊びっていいますと、わが家ではゲームと、テレビ(アニメやイッテQ、DVDなど)が主流です。 長時間、じっと静かに遊んでいるので、子守り道具としては楽なのですが。。。

たまには違った遊びで、わが子を刺激してみたくなりました。

今回は、子供(1年生)と一緒にやった「ジグソーパズル」について、どんな良い影響があるのか? メリットを5つにまとめましたので紹介します。

けんちゃなよ
けんちゃなよ
ジグソーパズル、久しぶりだぁー

パズルの選び方 (おもちゃ屋さん)

おもちゃ屋さんへ入ると、ディズニーやジブリ、ラッセンの絵、ポケモンやドラえもんなど沢山のパズルがありました。 知っているキャラクターや好きな絵を、子供主体に選ばせると、集中力や、やる気がアップするでしょう。

わが子は現在、小学校1年生ですが、100ピースのパズルが丁度良かったです。100ピース以下であれば、頑張って1人でもできそうな雰囲気でした。

子供に合わせたピース数は大切ですので必ず確認して下さい。今回は2人で協力して作る事を前提に300ピースを購入致しました。

わが子
わが子
これは、シンガポールのお土産で買った100ピースだよ
パズル0

 

1つ目の力 (直感力と想像力)

まずは、ピースに書かれている、色や文字、絵の一部などから、完成したアニメを想像しつつ、どのピースが、どこの場所に来るのかを予想します。 これは想像力と直感力の知育になるでしょう!

わが子
わが子
あっ!これは「カプ・コケコ」のピースだよ!
パズル1

 

2つ目の力 (器用力)

ピースを1つづつ摘まんで、狙った空欄にピタッと嵌めこむ作業が永遠続きます。 上下左右もあり、はまったものが、合っているのか?合っていないか?も、判断もしなければなりません。手先の器用さを必要としますね。

パズル2

 

3つ目の力 (思考力と理論力)

上手に早くパズルを完成させるためには、角や隅の直線部分から組み立てると良いことわかります。「ポケットモンスター」などの文字が書いてある部分も簡単でしょう。 逆に、空などの淡白な風景は、ヒントが少なく難しいことも作成していくうちにわかるでしょう。

パズル6

また感の良い子は、ピース毎に色分けしたりするでしょう。

パズル4

どのように作っていくと、効率が良いのか繰り返し考え、上手になっていくことは、考察力とか思考力、理論力の助けとなるでしょう。

パズル5

 

4つ目の力 (集中力)

ピースの数が大きくなればなるほど、相乗的に難しくなってきます。子供の性格にもよりますが、コツコツ作業していくのが得意な子や、苦手な子もいるでしょう。

しかしながら、ジグソーパズルは長い時間掛けて、完成するまで続けなければなりません。これは高い集中力や、最後までやり遂げる力を育みます。

わが子
わが子
ポケモンの300ピースを
けんちゃなよ
けんちゃなよ
2人で3日間掛けて作ったね
パズル3
わが子
わが子
続きましてポケモンの100ピースを
パズル完成 パズル完成
けんちゃなよ
けんちゃなよ
1人で作ったね
わが子
わが子
続きまして、またまたポケモンの100ピースを1人で作ったよ
パズル完成

 

5つ目 まとめ(共感力)

パズルのピースが「ぴたっ」っと嵌った時や、探していたピースを見つけた時は、「おーっ!」って共感します。 長い時間が掛ればかかる程、完成した時の感動は強くなるでしょう。

パズル完成

最後は、のりやフレームを用意して部屋に飾って思い出の1つとしましょう。 きっと、ジグソーパズルの方が、ゲームやテレビよりも、子らの思い出に残ることでしょう、どうぞお試し下さい。

関連記事