お遍路さん

四国八十八カ所 車で「お遍路さん」準備編

知らない事が多すぎて・・・二の足を踏まないでね。 けんちゃなよが実際に体験してきたハウツーをお伝えしますので、是非とも「お遍路さん」にチャレンジして下さい。

 

お遍路さんとは?

四国にある八十八カ所のお寺を巡ることを「遍路」とか「四国巡礼」とかいいます。そして、遍路している人を「お遍路さん」と呼んでいます。

弘法大師である空海「平安時代の僧」が、四国で修業をし、人々の災難を除く為に、霊場「聖なる場所」を開き歩いたのが原型だそうです。

人間には八十八つの煩わしさや、悩みがあるとされ、この巡礼により煩悩が消えていき、願いが叶うみたいです。「同行二人」です、お遍路で一緒に同行してくれるのは弘法大師さまになります。

 

気軽に始めて良いよ「お遍路さん」

お遍路には「雰囲気」はありますが、特に大きな決まり事は、ありませんでした。

お遍路さんは、各霊場や遍路道をじっくり堪能できる、昔ながらの「歩き遍路」から始まり、歩き遍路でもバスや鉄道などの「公共機関」を利用してみたり「自転車」「バイク」で巡る方もおられます。「バスツアー」などは良くお見かけしました。

 

けんちゃなよは「マイカー遍路」です。自身の「体力」「時間」「お金」と相談して、どうやって周るか考えましょう。

 

八十八ヶ所を一度で巡礼しちゃう事を「通し打ち」 複数回に分けて行くのを「区切り打ち」といいます。 全て周るには車で10日前後です。徒歩なら40日程度かかるようです。

 

1番札所から、順番に巡る方法が一般的で「順打ち」 88番札所からの反対廻りを「逆打ち」 1県毎に4回で巡るのを「1国参り」といいます。

 

また、真夏の「暑い季節」冬は「雪が積もる」個所もあるようですので、出発日時を考慮に入れておくと良いでしょう。

あわせて読みたい
一休さん表紙
生活で、こころと体が壊れた時に、元気になる為にしたこと・方法 Vol.3元気を受け取るシリーズも第3回となりました。人間だもの、人生慌てなーい慌てない、一休みしながら進んでいきましょう。 では今回も、実際に、...

 

必要な身支度は、1番札所で揃うよ

車遍路でしようと決めても、どのように道具を揃えれば良いかわかりませんね。

ここでは「僕がおすすめする」最低限必要だと思う遍路用品を紹介します。すべて「1番札所」の「霊山寺(りょうぜんじ)」で揃えることができますので、手ぶらで行っても、観覧者さまも、すぐに「お遍路さん」に変身です。 僕は初めてだと伝えると、販売店のおねえさんが親切に教えてくれたのでした。

格好

「白衣(はくえ)」「輪袈裟(わげさ)」

必ずという決まりではないのですが、雰囲気的に、白衣を羽織り、輪袈裟を首から掛けた格好の方が良いと思います。 白衣は、いつ行き倒れになっても良いという覚悟で着る白装束です。 輪袈裟には、表裏がありますので気を付けて下さい。

お参りに必要な物

「山谷袋(さんやぶくろ)」「線香」「ろうそく」「納札(おさめふだ)」「風除け付ライター」「お賽銭と100円玉」

「納経帳(のうきょうちょう)」

  

「御影入(おすがたいれ)」は、忘れやすいですが、是非購入して下さい。

  

上記のアイテムはすべて、山谷袋に入れます。

札所でお参りの際、お線香は3本、ろうそくは1本「ご本堂」「大師堂」にそれぞれ必要になります。 88か所として計算しますと、最低限「お線香は528本」「ろうそくは176本」ほしいです。

納札は、購入後に「名前」「住所」「日付」「願意」をあらかじめ、ある程度記入しておきましょう。本堂と大師堂に備え付けられてある「納札入れ」に入れます。

お賽銭と100円玉は、あらかじめ用意しておくと便利です。納経所で、御朱印を頂きますが一律300円です。また駐車場代がかかるところもあります。

その他・予算に合わせて

「金剛杖(こんごうづえ)」「菅笠(すげがさ)」「脚絆(きゃはん)」「手甲(てこう)」などは、予算や好みで購入すると良いと思います。

 

お金(旅費)のお話です

けんちゃなよの体感(車でお遍路さん)でお話します。

① お遍路さん用具を揃えるのにおよそ「20,000円」

② 宿泊費がビジネスホテルで「8,000円×日数」車中泊「0円^^」

③ 飲食費「2,000円×日数」

④ 納経料「(納経料300円+お賽銭100円)×88=35,200円」

⑤ 交通費「駐車場代約4,500円+ロープウェイ他9,000円+ガソリン代12,000円=25,500円」

⑥ お土産・観光代「20,000円」

たとえば「15日間」で巡礼を予定すると、ざっくり「25万円位」ではないでしょうか?

大金は持ち歩かずに「郵ちょ」などATM等で下ろしつつ巡ると良いと思います。

 

知っておきたいお参りの作法

参拝の手順や作法は、どうすれば良いのか、気になるところです。僕も熟知している訳ではないのですが、基本的な参拝の手順を記載しておきます。

1. 山門前で一礼

2. 手水鉢で手と口を清めます

3. 鐘楼がある場合には、気分で鐘を突いても良いでしょう

4. ご本尊が祀られている本堂の前へ行きます

5. ローソクと線香を立てます

6. 「住所」「氏名」「日付」「祈願」を書いた納札を札箱に納めます

7. 合掌礼拝し、お経を読み上げて、お参りが終わりです

8. 弘法大師が祀られている大師堂の前へ行き、同じ手順でお参りをします

9. 納経所へ行き、御朱印を頂きましょう

簡単な作法ですが、間違えても、気持ちがこもっていれば良いと思います。

あわせて読みたい
【メインページ】初めての「お遍路さん」車で巡礼してきたよ僕らの旅行先 おすすめとまとめ 【メインページ】 2018年1月31日(水)朝、とても大好きだった、僕の「大ばぁば」が、こ...

 

納経帳に御朱印を頂きましょう

納経所が開いているのは朝の7時から、夕方17時までですので、余裕を持って札所に到着するよう心掛けましょう。 お参りの時間を「30分」と決めて、プランを立ててたとしても、お寺によっては、駐車場から本堂までの距離が長く、めっちゃ階段があったり、歩くのに時間が掛ってしまったこともあります。

御朱印は納経した証として貰うもので、その墨書や朱印は札所によって様々です。

 

御朱印を頂いた後、御影も頂いて、御影入に入れます。

 

それらを見比べてみるだけでも楽しいです。お遍路さんを続けるモチベーションや達成感に繋がります。

四国八十八ヶ所すべての御朱印が揃った納経帳を眺めるのはまさに感無量!宝物になるに違いありません。

関連記事