子連れの旅行

【伊豆の国市】1泊2日 温泉(パパ)と、めんたいパーク(子供)と、富士見テラス(ママ)まで♪

伊豆の国市
[mappress mapid="13"]

ママとわが子くんが、土曜日、日曜日と、1泊2日で家族旅行をしたいということで、急遽ではありましたが、伊豆の国市まで、車で行ってみました。

今回のわが家の観光マップ、旅先の雰囲気をお伝え致します。参考にしてみて下さい。

【伊豆の国市】1泊2日の観光マップ

ピンをクリックしますと、訪れた順番①~④までの位置と名称が表示されます。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

① めんたいパーク伊豆

めんたいパークは、明太子で有名な「かねふく」が運営する、明太子専用テーマパークです、なんと入場無料です。

めんたいパーク

このパークは、全国に5カ所に(他には、神戸水戸、大阪、とこなめ、大洗)ありますので、お近くで楽しんで下さい。

めんたいパーク

2018年12月13日にオープンしており、比較的新しい施設です。直売店や、フードコーナー工場見学があり、2Fのテラスには、足湯までありました。

めんたいパーク

塩水に漬けた「たらこ」を一晩かけてゆっくりと混ぜていました。

めんたいパーク

人の手と目で、1つ1つチェックしている所です。ここの場所では、1日に500Kgも製造しているようです。

めんたいパーク

マスコットの「タラピヨ」のぬいぐるみや、「タラコン博士」のストラップなどのお土産、有名人のサイン色紙が飾られていました。

めんたいパーク

スタッフの方が、僕達の目の前で握ってくれている出来たてジャンボ「おにぎり」をお昼に頂きました。明太子/明太子&紅鮭ミックス/焼きたらこ/紅鮭の4種類からです(各380円)

めんたいパーク

とっても美味しくて、帰りも寄り道して、TAKE OUTしてしまいました。

【公式ページ】 https://mentai-park.com/park/izu/

② ホテルサンバレー伊豆長岡 (温泉)

お宿は、伊豆長岡温泉のホテルです。ここでの温泉が目当てでしたので「到着時」「食後」「朝風呂」と、3回も温泉に浸かってしまいました。

朝と夜で、男湯と女湯が入れ替わり、サウナも付いていてパパは大満足です! 運転の疲れも吹っ飛びました!

とても良かったのが夕食・朝食「バイキング」で、上品さと、品数の豊富さにびっくりしたのでした。 また、3万冊以上の漫画図書館も併設されていて、子供も嬉しそうでした。

サンバレー伊豆長岡

チェックアウト時には、缶ジュースも頂けて、最後まで良い気分で過ごすことができました。 お世話になりました。

【公式ページ】 https://izu3800.jp/

③ 伊豆の国パノマラパーク (富士見テラス)

伊豆の国パノラマパークは、片道7分の空の旅から始まります。 往復で大人2000円、小人1000円、強風や雷の日は、運休になる日があるようなので、事前に確認しておきたいですね。

標高452m、全長約1.8kmですので、高所恐怖症のパパは結構怖かったです。

パノラマパーク

山頂の駅では、駿河湾と、富士山が見渡せる「富士見テラス」がありました。

ロープウェイ

空中公園にはちびっこに大人気、丸太の「アスレチック」

ロープウェイ

「カフェ・レストラン」があって、ちょっとした時間を過ごすことができます。

パノラマパーク

ご当地オリジナル商品がある、買い物空間も広がっていましたので、このパノラマパークで、伊豆にちなんだ「お土産」をまとめて買うこともできました。

ロープウェイ

【公式ページ】 https://www.panoramapark.co.jp/tips/fujimi_terrace/

④ 韮山反射炉 (行けなかったけど…)

伊豆の国パノラマパークで、遊び過ぎて、結局時間がなくて、行けませんでしたが、世界遺産の「韮山反射炉」も観光候補でした。

江戸時代の終わり頃にできた、鉄を溶かして、大砲などを作る炉です。鉄腕ダッシュ(テレビ番組)にて築炉の作業を見て興味がありましたので、一度行って見てみたかったです。

韮山反射炉

【公式ページ】 https://www.city.izunokuni.shizuoka.jp/hansyaro/kids/hansyaro.html

まとめ

1泊2日の弾丸、わが家の旅行、いかがだったでしょうか? 計画をせず「そうだ!京都行こう!」みたいなノリで、伊豆の国市に来ましたが、良かったです、リフレッシュできました。 また時間を作って「韮山反射炉」込みで来たいと思ってます。

あわせて読みたい
旅行メインページ表紙
【メインページ】わが家の家族旅行★子連れにおすすめ、特集スポットをリンク紹介!わが家は、パパ・ママ・息子の3人です。 家族旅行となると【子供とめいっぱい遊ぶ】がテーマになりますので、必然的に子連れでも楽しめるスポッ...
関連記事