子連れの旅行

【豊橋市】豊田佐吉記念館からの、のんほいパークへ!1泊2日の家族旅行しませんか?

のんほいパーク
[mappress mapid="14"]
けんちゃなよ
けんちゃなよ
今回は、愛知県豊橋市からのお届けです
わが子
わが子
1泊2日の家族旅行の様子だよ
ママ
ママ
のんほいパークは、動植物園と遊園地が併設されていて丸1日遊べたよー

是非、旅行プランの参考にしてみて下さい!

豊橋1泊2日の観光マップ

ピンをクリックしますと、施設の場所①THE HAMANAKO(ホテル) ②豊田佐吉記念館 ③のんほいパーク が表示されます

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

①THE HAMANAKO(ホテル)

今回お世話になりました、浜名湖に隣接するホテルです。 部屋からは湖が綺麗に見え、さらに大浴場でゆっくり疲れを癒すことができました。

THE HAMANAKO

コロナの影響かもしれませんが、朝食はバイキング形式ではなく、それぞれにお弁当形式の配膳でした。とても美味しくて大満足です。

ザ浜名湖

【公式HP】https://www.daiwaresort.jp/hamanako/index.html

②豊田佐吉記念館

ホテルを出て、豊田佐吉記念館へGO!です。

豊田佐吉は「豊田式木製人力織機」を発明した実業家です。トヨタ自動車をはじめとする、日本の産業界の発展となる礎を築いた彼の生家です。

豊田佐吉記念館

佐吉の事や、その後の歴史を、改めてビデオで勉強できましたので良かったです。昔ながらの田舎のお宅でしたが、世界的発明家の小さな原点を垣間見ることができました。

豊田佐吉記念館

入場無料、裏山のハイキングコースをぐるりと一周して気持ちが良かったです。わが子の心にも、きっと大志が芽生えたのではないでしょうか(*´ω`*)

豊田佐吉記念館

③のんほいパーク

①自然史博物館 ②遊園地 ③動物園 ④植物園の4エリアが一緒になった全国でも珍しい施設で、とても広かったです。1日では、遊びきれませんでしたので、今回は遊園地(本格カート)と自然史博物館(白亜紀の恐竜映画)の紹介です。 入園料が大人600円、子供100円、駐車場代200円掛かりました。

遊園地(本格カート)

のんほいサーキットを体験してきました。今までの補助付きゴーカートではなく、ビデオによる講習を受けてからの本格的なDRIVINGです。

https://www.instagram.com/p/CCaUZ7VgS2s/?utm_source=ig_web_copy_link

ジュニアカートは、小学2年生から、身長120cm以上から体験が可能です。約5分間走行の1回券が1000円でした。

のんほいカート

自然史博物館(恐竜)

自然史博物館は、本物の化石や恐竜、標本や、地球から生物の歴史まで、ぎゅっと詰まった展示でした。さらに館内に併設された高さ10m、幅18mの巨大スクリーンもあって、白亜紀の海洋生物の映画を上映していましたので見てきました。

自然史博物館

博物館前の広場には、野外恐竜ランドがありましたので、ひと遊びして終了です。

まとめ

豊田市の「豊田佐吉記念館」からの「のんほいパーク」は、いかがだったでしょうか?豊田佐吉記念館で勉強がてら、遊園地で体を動かして、良い1泊2日の旅だったです。

のんほいパークは、シーズンによって、さまざまなイベンを実施しているようですので、事前に確認しておくと良いかもしれません。最後に「のんほいパーク」公式ページを載せておきます https://www.nonhoi.jp/event/index.php

あわせて読みたい
伊勢海老の表紙
【伊勢海老の脳みそ理論】姿勢からムードを作る「Uポーズ」で胸を張ってみよう!https://youtu.be/aOUZptHrIUA Youtube「クリスの部屋」のクリスさんより(20:22) ジョーダン・...
あわせて読みたい
旅行メインページ表紙
【メインページ】わが家の家族旅行★子連れにおすすめ、特集スポットをリンク紹介!わが家は、パパ・ママ・息子の3人です。 家族旅行となると【子供とめいっぱい遊ぶ】がテーマになりますので、必然的に子連れでも楽しめるスポッ...
関連記事